歴史と文化が薫る街、金沢で暮らす|街の情報サイトLIFES

理想のロフトをつくる。1

2019.10.07

ロフトの魅力

狭い部屋でも空間を3次元に有効活用し床面積を広げれることがロフトの魅力であり使命です。

しかしロフトには人間の本能に訴えかける直感的な魅力が他にあると私は思います。

まず1つは高い場所に登れるということです。

これは人間の生まれ持った冒険心でしょう。

高いところから見る景色は心地よく気分転換にもなります。

もう1つは狭く囲われた場所があることです。

適度に狭くコンパクトな空間は秘密基地のようで子供心をくすぐります。

 

ワンルームのお部屋に理想のロフトをDIY。

今回ロフトをつくるのはこのお部屋。

ワイルドな床と建築のコンクリート壁むき出しのデザインが特徴的なリノベーションしたお部屋。

24畳ワンルームのDIYし放題のお部屋です。

本来ロフトは狭いお部屋を広くするためにつくるのですが、今回は広さは十分。

それよりもロフトをつくることでより立体的にし遊び心いっぱいのお部屋にすること。

そして秘密基地のようなプライベートスペースを設けることを目的に計画しました。

3次元CADで立体的に計算

ごめんなさい。DIYとか言いながらプロの特権を使います。

お部屋も3D化して立体的にシミュレーションします。CADで使い勝手の良いモジュール寸法を計算しながら秘密基地のようなロフトを仮想空間でつくります。

出来上がったのがこちら。

子供の時憧れていた2段ベッドみたい。

階段をハイチェアにして2Fの床をデスクとして利用できます。ベッドルームは囲われながらも間接照明が心地よいコージーな空間です。

リビング側から見たら大人な表情。このロフトを置くことでワンルームの中にパブリックスペースのリビングとプライベートスペースの寝室&書斎が生まれます。

リビングからはロフトの外壁にテレビを設置したりして使えます。

次回からはDIYの模様をお届けします!