歴史と文化が薫る街、金沢で暮らす|街の情報サイトLIFES

家を建てるタイミングっていつがいいの?ー家を建てるのに適した時期

2020.09.03

家づくりには適した時期があることをご存知ですか?

一般的には、入居時期から逆算して着工しますが、避けたほうがいい時期があります。

家を購入するというのは、人生最大のお買い物といっても過言では無いですし、できるだけいい環境下で建てたいですよね。

今回は、家を建てるのに適した時期についてお話しさせていただきます。

 

 

 

1. 着工は春か秋:家を建てるのに適した時期①

基礎工事であるコンクリート打ちは春や秋にするのがベストだと言われています。

冬場に行うと凍害が起こる可能性、夏場の暑い時期に行うとひび割れヶ起こる可能性があります。

雨の多い時期は木材への影響も心配なため、梅雨も避けたいです。

住宅用の木材は十分に乾燥させてあり乾きやすいものになっているので、そこまで心配は入りませんが、

極端に降水量が多い時期は避けた方が無難でしょう。

 

2. 1月2日:家を建てるのに適した時期②

毎年1月1日の時点で土地や家などを持っている人には固定資産税(課税標準額×1.4)がかかります。

ですので例えば、年末に家を建てた人と1月2日に家を建てた人では固定資産税1年分を支払うかどうかが変わってきます。

 

3. お子さんの転校のタイミングに合わせる:家を建てるのに適した時期③

進級したタイミングや新学期のタイミングで転校となる場合は、その時期に施工時期を合わせると転校がスムーズになるでしょう。

進級の場合は10月に着工、2学期の場合は2月ごろに着工がお勧めです。

 

4. 妊娠中の注意点:家を建てるのに適した時期④

妊娠中と施工の時期が同じになると、引越しの準備が体への負担となることが考えられます。

また妊娠中は匂いに敏感になるので、工事中の塗装の匂いなど気になる箇所が出てくることも。

工務店との打ち合わせなどでは、パパさんの協力が不可欠になります。

出産後3~4ヶ月後、赤ちゃんの首が座った頃に施工を迎えるなどタイミングには注意しましょう。

 

5. 利用できる制度・補助金が異なる:家を建てるのに適した時期⑤

マイホーム購入には、補助金や制度が適用される場合があります。

中には条件や時期によって受けられる補助金・制度が変わるものもあります。

購入金額が高いだけに、最大数百万の減税がどれだけ受けられるかが変わってきたりするので、マイホーム購入時は確認しておくようにしましょう。

 

 

マイホームを購入するときは、着工や施工の時期にも充分注意して建てることが大切になります。

一生に一度の最大のお買い物なので、自分たちにあったベストなタイミングで納得のいくマイホームにしましょう。

 

 

今ならLINE追加&物件成約時にAmazonギフトカードををゲット!!
画像をクリックorタップして、この機会にぜひご登録ください!

クラスコ、LINE

 

▼ヘヤサガ(LIFES)SNSアカウントで暮らしのヒントを♪

ヘヤサガ(LIFES)の各SNSアカウント!

ヘヤサガの最新情報をお手持ちのSNSからお気軽にご覧いただけます♪

暮らしを豊かにするヒント、たくさん集めませんか?

 

クラスコ、ヘヤサガ、ヘヤサガジャーナル、LIFES、ライフズ

クラスコ、ヘヤサガ、ヘヤサガジャーナル、LIFES、ライフズ