歴史と文化が薫る街、金沢で暮らす|街の情報サイトLIFES

夏を快適に!お部屋を涼しくする方法 6選

2020.08.05

梅雨も開け、夏が到来です!

梅雨も明け、気温が高くなってきて、本格的な夏が到来してきましたね!

今年は、例年に比べて家にいる時間が長くなってくるかと思います。

 

そんな時、役に立つのがクーラー。

ですが、クーラーばかりに頼ってしまうと、電気代が大変なことになってしまいますよね…

今回は、そんな夏にぴったりな涼しさを手に入れることができるお部屋の改善方法についてご紹介♪

 

 

 

夏の部屋改善①青系のインテリアで涼しさアップ!

青系のインテリアを置いて、色合いを変えてみるのも一つです。

青は赤に比べて、感覚的に3℃前後涼しく感じさせる効果があるそうです。

実際にブルーを見ているだけでもなんとなく涼しく感じますよね!

 

部屋の中に青系を入れることで、感覚的に一気に涼しくなります!

リノッタの部屋

カーテンを青にするだけでもだいぶ涼しさが感じられそう♪

 

 

夏の部屋改善②風の通り道を考慮して家具の位置を変える

風の通りである窓の位置を考慮して家具を配置してみるのもひとつの手です。

 

窓を開けるだけじゃ変わんないよ、と思う方がいらっしゃるかと思いますが、窓の開け方にはコツがあるのです。

風の流れ

風の通り道に沿ってインテリアを考えましょう。

 

・風は南から北にふくということを意識する。

・2箇所の窓を開ける。

・できるだけ、対角線上の窓を開ける。

 

つまり、南側と北側に窓がついているお部屋は、その2箇所の窓を開けておくと、風の通りがよく涼しく感じられます。

この風の通りに大きな家具などを置くと風の通りが悪くなるので、そちらも注意しましょう!

 

また、エアコンをつける場合でも、冷気を遮らないような家具家電の配置をすることをおすすめします!!

 

 

夏の部屋改善③照明を変える

部屋の照明を白熱電球は、室温の上昇に繋がります。

 

蛍光灯であれば、部屋を爽やかで涼しい空間にするために昼光色がおすすめ。

LEDだと節電効果も高いので、よりおすすめ!

照明

LEDの照明は本当に暑さを感じないと思います。

 

夏の部屋改善④家電を壁から離す

室内にある冷蔵庫やテレビなど家電製品は、常に発熱しているんです。

家電などの発熱も、室内を暑くする原因のひとつです。

 

この発熱を少しでもなくすため、家電製品は壁から10㎝前後離して置きましょう!

壁から離すことで、熱が逃げるので、室温の上昇を抑える効果があります。

冷蔵庫

あまりに壁と近いと熱が籠もってしまいます…

 

 

夏の部屋改善⑤風鈴などの夏アイテムを使う

聴覚で、涼しさを感じるのも良いでしょう♪

風鈴で聴覚から涼しさ感じるのもおすすめです。

 

風鈴を部屋に飾ると、一気に和のテイストも入り気分も上がるはず!

おしゃれなインテリアアイテムとしても、活躍すること間違いなし!

風鈴

聴覚的な涼しさの効果は大きいと思います。

 

 

夏の部屋改善⑥床面に近い位置で生活をする

室内の断熱性能にもよりますが、一般的には室内で、天井部分と床面部分では、10~15℃の温度差がでます。

これは、暖かい空気は上へ昇り、冷たい空気は下へ降りるせいで、このような温度差が発生するのです。

 

ですので、夏は床に近い位置(ローテーブルや座布団)で生活するというのも一つの手です。

季節ごとに生活スタイルを変えてみるというのも昨今の外出自粛のストレスへの良い気分転換になるかもしれません!

ローテーブル

夏だけ床面に近い生活をするのも気分転換になるかも♪

 

 

今ならLINE追加&物件成約時にAmazonギフトカードををゲット!!
画像をクリックorタップして、この機会にぜひご登録ください!

 

▼ヘヤサガ(LIFES)SNSアカウントで暮らしのヒントを♪

ヘヤサガ(LIFES)の各SNSアカウント!

ヘヤサガの最新情報をお手持ちのSNSからお気軽にご覧いただけます♪

暮らしを豊かにするヒント、たくさん集めませんか?

 

クラスコ

クラスコ