歴史と文化が薫る街、金沢で暮らす|街の情報サイトLIFES

金沢冬の味覚|加能ガニ・香箱ガニの魅力とは?

2020.11.18

金沢の冬のカニの魅力とは?

金沢の冬の味覚といえば、カニですよね!

11月になると解禁される加能ガニ、香箱ガニ。

今回はそんな石川県で味わえるカニの魅力についてご紹介!

カニ、金沢、近江町市場、

出典:近江町市場

 

金沢冬の味覚|加能ガニ、香箱ガニの由来

加能ガニの由来

そもそもなぜ加能ガニという由来をご存知でしょうか?

「加能ガニ」の由来は、石川県内の漁協が平成18年に一つの漁協へと統合されたことを契機に、県産ズワイガニの名称を一般公募し、「加能ガニ」と名付けられました。

「加」賀から「能」登まで、県内の漁協が一つになった新しいプライドを背負い、漁師たちが自信をもってお届けするブランドガニということから加能ガニと名付けられたそうです。

 

香箱ガニの由来

香箱ガニの由来については、甲羅の中の内子が香り、香ばしいからや昔は「子持ちガニ」、手の甲に似ていることから「甲箱ガニ」などと言われていたそうなのですが、お茶の道具でお香を入れる「香箱」に似ていることから命名されたのでは?などいろいろあるようです!

 

金沢冬の味覚|加能ガニ、香箱ガニの特徴

加能ガニの特徴

「加能ガニ(かのうがに)」 = 良質で大きなサイズのズワイガニ(オス)になります。

殻まで柔らかく、身がぎっしり詰まっていてぷりぷりとした歯ごたえと甘み、カニ味噌がタップリ詰まっています。

 

香箱ガニの特徴

「香箱ガニ(こうばこがに)」 = ズワイガニ(メス)になります。

香箱ガニの特徴は、なんと言っても内子と言われる蟹味噌は、濃厚で、香箱ガニで一番の醍醐味といっても過言ではありません。

蟹足も身が締まっていて味わい深いことが香箱蟹の特徴でもあります。

お値段も価格も加能ガニに比べればお安く、内子が好きな石川・金沢人にとって香箱ガニは大好物になります♫

カニ、金沢、近江町市場

内子、外子は本当に美味です♫

 

金沢冬の味覚|カニの魅力を堪能できるお店

料理旅館 金沢茶屋

味処 高崎

 

この投稿をInstagramで見る

 

味処 高崎(@ajidokorotakasaki)がシェアした投稿

 

 

今ならLINE追加&物件成約時にAmazonギフトカードををゲット!!
画像をクリックorタップして、この機会にぜひご登録ください!

クラスコ、LINE

▼ヘヤサガ(LIFES)SNSアカウントで暮らしのヒントを♪

ヘヤサガ(LIFES)の各SNSアカウント!

ヘヤサガの最新情報をお手持ちのSNSからお気軽にご覧いただけます♪

暮らしを豊かにするヒント、たくさん集めませんか?

クラスコ、ヘヤサガ、ヘヤサガジャーナル、LIFES、ライフズ

クラスコ、ヘヤサガ、ヘヤサガジャーナル、LIFES、ライフズ