歴史と文化が薫る街、金沢で暮らす|街の情報サイトLIFES

【金沢】金沢21世紀美術館の魅力とは?

2020.11.26

21世紀美術館の魅力をご紹介!

石川県金沢市に位置する「金沢21世紀美術館」。

地元では「まるびぃ」の愛称を持つ「金沢21世紀美術館」は、誰でも気軽に立ち寄れるような空間となっています。

今回は、そんな「金沢21世紀美術館」の魅力についてご紹介!

石川県、金沢、金沢21世紀美術館

 

金沢21世紀美術館とは?

金沢21世紀美術館は、「新しい文化の創造」と「新たなまちの賑わいの創出」を目的に開設されました。

21世紀という大きな歴史の転換点にあたり、新たなまちづくりへの対応が求められています。

「金沢21世紀美術館」は、ミュージアムとまちとの共生により、新しい金沢の魅力と活力を創出していきます。

 

 

金沢21世紀美術館のミッションステートメントとは?

21世紀美術館のコンセプトとして以下のようになっているそうです。(以下金沢21世紀美術館公式HPより抜粋)

世界の「現在(いま)」とともに生きる美術館

金沢21世紀美術館は、世界の同時代の美術表現に市民とともに立ち会う美術館です。

私たちのこの時代には、時間や空間を超え、従来のジャンルを横断する、様々な表現が現れてきています。

これらの芸術活動にじかに触れ、体感することで、地域から、未来の創造への橋渡しをします。

まちに活き、市民とつくる、参画交流型の美術館

21世紀の美術館には、教育、創造、エンターテインメント、コミュニケーションの場など、新たな「まちの広場」としての役割が期待されています。

市民や産業界など様々な組織と連携を図り、全く新しい美術館活動を展開します。

地域の伝統を未来につなげ、世界に開く美術館

藩政期から伝わる、工芸をはじめとする地域の固有文化が、多様化する21世紀にどのような可能性を持つのか、インターカルチュアルな視点に立って問いかける実験の場となります。

子どもたちとともに、成長する美術館

未来の文化を創り出す子どもたちに開かれた教室として、見て、触れて、体験できる最適の環境を提供します。子どもの成長とともに美術館も進化し、時代を超えて成長します。

金沢21世紀美術館のコンセプトとは?

『まちに開かれた公園のような美術館』

金沢21世紀美術館は、金沢市の中心部に位置し、誰もがいつでも立ち寄ることができ、様々な出会いや体験が可能となる公園のような美術館を目指しています。

このため建物には表と裏のないガラスのアートサークルが採用され、トップライトや光庭など明るさや開放感にも十分に配慮しています。

また、夜間開館や魅力的なショップ、レストランなど利用者ニーズに対応し、気軽さ、楽しさ、使いやすさがキーワードのこれまでにない美術館です。

多方向性=開かれた円形デザイン

三方が道路に囲まれている美術館敷地内にどこからでも人々が訪れることができるよう、正面や裏側といった区別のない円形が採用されました。

建物が街と一体になるためのデザインです。

水平性=街のような広がりを生み出す、各施設の並置

展示室やカフェレストラン、アートライブラリーなど、それぞれに個性豊かな各施設はほぼ水平方向に配置。

街のような広がりを生み出します。

建物の回廊部分を一周すると、様々な特徴のある施設を巡ることができます。

透明性=出会いと開放感の演出

外壁や建物内の壁面の多くにガラスを採用し、「透明であること、明るいこと、開放的であること」を求めました。

同時に、内部と外部など互いに異なる空間にいる者同士が互いの様子や気配を感じ取ることができる、出会いの感覚も演出されています。

 

 

金沢21世紀美術館|概要

営業時間

展示会ゾーンが10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)

交流ゾーンが9:00~22:00

→企画展が行われる館内中心部のエリアが展示会ゾーン、レストランや美術館周辺の広場が交流ゾーンです。

休館日

基本的に毎週月曜日、臨時で完全閉館日あり。
(月曜日が休日の場合は、その翌日が休館日)
ミュージアムショップやレストランがある交流ゾーン、美術館外にある遊具やアートや作品が並ぶエリアも、基本的に無料で利用が可能です。今ならLINE追加&物件成約時にAmazonギフトカードををゲット!!
画像をクリックorタップして、この機会にぜひご登録ください!クラスコ、LINE

 

▼ヘヤサガ(LIFES)SNSアカウントで暮らしのヒントを♪

ヘヤサガ(LIFES)の各SNSアカウント!

ヘヤサガの最新情報をお手持ちのSNSからお気軽にご覧いただけます♪

暮らしを豊かにするヒント、たくさん集めませんか?

クラスコ、ヘヤサガ、ヘヤサガジャーナル、LIFES、ライフズ

クラスコ、ヘヤサガ、ヘヤサガジャーナル、LIFES、ライフズ